2019年 五右衛門君 222/ 92/ 30

 仕様:2段鍵盤  B8', F8', 4', バフストップ(上鍵盤)

 音域:FF-f3 (5オクターブ)

 ピッチ:392 ⇄ 415 ⇄ 440Hz

 

コンサートレンタル用


2018年 忠敬君 199/ 85/ 23

 仕様:1段鍵盤 B8'(ヴァージナルストップ)

         F8'(イタリアンストップ)

 音域: C-e3(4オクターブ+3度)

 ピッチ:415⇆442Hz

 

バリバリ通奏低音、イタリアンプログラム、英国初期物用のレギュラー

 製作過程の動画

  


2017年 大吉君 222/ 92/ 29

 仕様:2段鍵盤 B8', F8', 4', バフストップ(上鍵盤)

 音域:FF-f3 (5オクターブ)

 ピッチ:415 ⇆ 442 ⇆466 Hz (注:415の最低音FFはありません)

 


2016年 木太郎(キタロー)君 204 / 85 / 24

 仕様:1段鍵盤 B8', F8', ダンパーペダル

 音域:AA-e3 (4オクターブ+5度)

 ピッチ:415 ⇔442Hz

 

フロロカーボン100%の弦を使った キタローネチェンバロ

鍵盤には 緑色の木材 パロサントを仕様
製作中継報告  初演回想動画  鍵盤製作動画


2015年 樹弦夢(じゅげむ)君 (15分割鍵盤)199/90/29

 仕様:1段鍵盤 B8', F8', バフストップ

 音域:C/E-d3 (ショートオクターブ)

 ピッチ:415⇔442⇔466Hz

 

オクターブを12〜15分割に変更できる鍵盤
分割音はEs-Dis, Gis-As, B-Ais


2014年 625(ユギオ)君 (ジャーマンタイプ)

 仕様:1段鍵盤 B8', F8', バフストップ

 音域: GG-e3 (4オクターブ+6度)

 ピッチ:415⇔442Hz

 


2013年 榧琴君(イタリアンタイプ) 185/82/22

 仕様:1段鍵盤 B8', F8', バフストップ

 音域: HH-d3 (4オクターブ+2度)

 ピッチ:415⇔442⇔466 Hz

 

ボディに榧(カヤ)という針葉樹を用いたイタリアンモデル

響板はレッドシーダーの放射状

 

 

-----10

2010年 李箱君 (クラヴィコード)

 仕様:1段鍵盤

 音域: FF-f3 (5オクターブ)

 ピッチ: 415Hz

 

1音1弦の省スペース型クラヴィコード

2009年 権兵衛君    222/92/29

 仕様:2段鍵盤 B8', F8', 4', バフストップ

 音域: FF-f3 (5オクターブ)

 ピッチ:392 ⇔ 415 ⇔ 442 Hz

 

各種チェンバロのそれぞれの長所を取り入れたオリジナル設計

ボディの素材は振動損失の少ないメープル

響板はレッドシーダーとスプルースの放射状

(レンタル中)

 

2006年 強弱チェンバロ

 仕様:一段鍵盤 強弱8', f8', バフストップ

 音域: FF-f3 (5オクターブ)

 ピッチ:415⇔442 Hz

 

全く新しいフォルテとピアノが可能なチェンバロアクション

 

(現在製作中断中…)

2004年 猫翼君 (チェンバロ型クラヴィコード)

 仕様:1段鍵盤 B8'

 音域: FF - f3 (5オクターブ)

 ピッチ:415Hz 

 

 1音3弦のチェンバロ型クラヴィコード

ボディには ウォルナットを使用

2003年 狐狸庵君 221/88/36

 仕様:2段鍵盤 B8', F8', 4', バフストップ

 音域:GG-d3 (4オクターブ+5度)

 ピッチ:415⇔442 Hz

 

メープルのボディの深さを35cmと極端に深くし

低音部の響板の面積を過分に取り 低音強化に徹した楽器

当初はメープル生地仕上げだったが 以降3度塗装変更

 (レンタル中)

2002年 煎餅君 (14分割鍵盤)

 仕様:1段鍵盤 B8', F8'

 音域: AA-d3

  ピッチ:415 Hz

 

チュピロ材を用いた初めての木調チェンバロ

 

2001年 堅牢君

 仕様:2段鍵盤 B8', F8', 4',  バフストップ

 音域: FF-F3 (5オクターブ)

 ピッチ:415 ⇔ 442 Hz

 

 

2000年 軽薄君(ひまわり君)

 仕様:1段鍵盤 B8', F8'

 音域: AA-d3

 ピッチ:415⇔442 Hz

 

厚さ3ミリの桂で造った超軽量チェンバロ

 

1999年 テオルボ君 

 仕様:1段鍵盤ヴァージナル

 音域: GG-e3

 ピッチ:415 Hz

 

ナイロン弦を張った リュートのような音色

 

1999年 分割君 (19分割鍵盤)

 仕様:1段鍵盤 8'

 音域: HH-d3

 ピッチ: 415Hz

 

デビュー作が いきなりSベントの19分割鍵盤

 

1996年 モノコード

 

調律学校の非常勤講師をしていた頃

学生の為にピアノの構造模型を製作していました

その過程で造ったモノコードが楽器製作の原点です

 ∵ 日 々 創 作  ∴ 時 々 仕 事

 

6/25 作曲#65

  「toi toi toi

6/02 作曲#64

         「へべれけ

4/24 作曲#63

  「キッカケ

4/18 作曲#62

  「心呼吸

4/12  作曲#61

   「恋麦

3/31 作曲#60

  「惷嗄愁疼

3/27 作曲#59

  「微熱の季節

3/14  作曲#58

  「インベーダー

1/23  作曲#57

  「

1/17  作曲#56

        「がむしゃら

12/29 アルバム#7

          「412

12/12  楽器#17

   「五右衛門君」